オカムラ歯科医院
東京都世田谷区玉川3-1-5
カメリア・コート二子玉川1
TEL:03-3709-2666

2014/07/08 17:03

甘酒作り その2 完成編

前回、甘酒作りの発酵するまでを書きましたが、
今回は、発酵から完成までです。
20140626 07.JPG
一夜明けました。
布巾を開けると、そこにはお粥でなく甘酒が!
色も黄色っぽく、そしてお粥のときはトロトロしていたのですが、
甘酒になるとサラサラしています。
途中でかき混ぜてる時に甘くなって良い匂いになっていますが、
出来上がりはお粥とは全く違うのがよく分かります。
20140626 08.JPG
私はここで発酵止めをします。
甘酒の麹菌が生きている限り、温度が低くても発酵は続くそうです。
このまま発酵が続くと、甘酒の甘みは無くなります。
麹菌やその他の作用により、どぶろくと呼ばれる濁り酒になるそうです。
さらに発酵が進むと、今度はお酒がお酢に変化するそうです。
発酵止めとは甘酒を沸騰させ、麹菌を殺してこれ以上発酵しなくさせる事です。
甘酒の状態で発酵止めをすると、グッと甘みが増します。
発酵食品って生き物なのですね。
20140626 09.JPG
ここで完成なのですが、私は最後にミキサーでお米の粒々をなめらかにします。
そうすると、とても飲みやすくなります。
20140626 10.JPG
ペットボトルに移して冷蔵庫で保存します。
一週間ぐらいで飲みきるようにしています。
(か)